料理の楽しさを知り、あなたの夢を実現しましょう!

おいしい料理を食べると不思議と笑顔になりませんか?料理にはそういうチカラがあると思います。「国際調理師専門学校名駅校」では、まず“楽しさ”を知ることからすべてが始まります。そして授業を通じて技術力×知識の向上を習得していきます。しかし一番大切なのは〝食べる人を幸せにするチカラを身に付ける事です〟本校では、そのようなプロとしての素質が身に付くよう全力でサポートしていきます。

上級調理師科(2年コース)

2 年間で包丁の持ち方の基礎からはじまり卒業と同時に即戦力として活躍できる技とセンスを身に付けます。和洋中ジャンルににしばられない柔軟なコースで、経営やマナー等幅広く学習できます。

即戦力を養成するハイレベルなカリキュラム

上級調理師科 2年コース

詳しくは >

豊富な実習と幅広い講義で、卒業と同時に即戦力として活躍できる技とセンスを養成。経営者や幹部としても活躍できるように、サービスやマーケティング、経営ノウハウなどの学習にも力を入れています。

目指す職種

ホテルシェフ
レストランシェフ
専門店調理師(西洋・中国・日本)
クッキングインストラクター
料理研究家
飲食店オーナーなど
病院・福祉施設調理師

目標とする資格・検定

■ 調理師免許(国家資格) 専門調理学科試験免除※
■ 専門士称号付与
■ 食品技術管理専門士
■レストランサービス技能士3 級受験資格
■ 調理師養成施設実習助手
■ 介護職員初任者研修(希望者)
■ 食育インストラクター(希望者)
■ フードアナリスト(希望者)※技術考査合格者

料理の世界で夢を実現した先輩たち

  • ホテル

    「名古屋マリオット
    アソシアホテル」

    藤澤 知未さん

    〈岐阜聖徳学園高校卒〉

    このホテルを愛するお客様への思いを大切に
    成長していくことが、私なりの両親への恩返しです。

     宴会洋食は一度に大人数の料理を用意する為、スピードと正確性が重要です。私は今ホットキッチンの一員として大きさの異なる魚や肉を、焼ムラができないよう考えながら並べたり、次の動きを考えて配膳の準備を行ったりしています。
     「こくちょう」では料理が上達していくことの奥深さ、楽しさを知りました。
     実はこのホテル、両親が結婚式を挙げた特別な場所。お客様を思う気持ちを大切に、これからも料理人として成長していきます。

  • 日本料理

    「名古屋 なだ万」

    水越 崚介さん

    〈愛知工業高校卒〉

    目標とする恩師、高め合える仲間と出会えたことが、
    調理師としての私の礎になっています。

     現在の主な担当は先付け、煮物の仕込み。私が特にこだわっているのは温度です。お客様が食する時に最適な温度になるよう段取りを考えています。オープンキャンパスの実習体験を受けここ国際調理師専門学校名駅校で学びたいと思ったのが入学したきっかけです。
     名古屋なだ万で働くのも、前・調理長の上村先生の指導を受けたことからです。目標とする先生と出会い、仲間と切磋琢磨した時間が、調理師としての私の原点です。

  • フレンチ料理店経営

    『レミニセンス 』
    オーナーシェフ

    葛原 将季さん

    〈さつき調理出身〉

    ミシュランガイド二つ星も通過点に過ぎない。
    新たな高みに挑戦していくことが私の流儀

     父子家庭の私は、料理を作ることは身近なことでした。専修学校卒業後、目指すなら日本一の料理人と心に決め、東京や大阪の名店の就職。感性や理論などを学び、自分を磨きました。
     オーナーシェフとなり目指したのは、世界各国の人が足を運びたくなるお店。現在、お客様の1割は海外から。余韻と記憶に残るフレンチを追求し、食材選びやコース構成、食器、椅子に至るまでこだわり抜いています。今後も挑戦することを楽しみながら、私の世界観を発信していきます。

  • フランス料理

    『銀座オザミデヴァン 本店』(銀座)

    秋田 結香子さん

    〈安城高校卒〉

    常にお客様に楽しんでもらうための心配りを、
    今も見守ってくれている先生に感謝。

     私が心がけていることは、今お客様が何を求めているかを見逃さないこと。心から楽しんでもらえるよう、接客のタイミングなどを意識しています。「こくちょう」は、先生との距離が近いことが魅力。親身になって相談に答えてもらえ、とても心強かったです。
     先日、先生がお店まで食事に来てくれました。これからもお店で出会った人に幸せになってもらうことで先生の期待に応えたいです。

  • 中国料理

    『萬珍樓點心舗』(横浜)

    中嶋 徹さん

    〈鹿島学園高校卒〉

    料理には人を幸せにする力があると実感、
    将来の夢は子ども食堂を開くこと。

     母の誕生日に夕飯を作ったことが調理師を目指すきっかけ。喜んでくれる母を見た時、料理には人を幸せにする力があると感じました。「こくちょう」を選んだのは、一番通学に便利だったから。学費も安く、家族に相談しやすかったことも大きいです。将来の夢は子ども食堂を開くこと。貧困や孤食で苦しんでいる人たちに美味しい料理を提供し、社会貢献ができる調理師になりたいです。

  • 日本料理

    『料亭 松楓閣』(名古屋)

    藤嵜 俊樹さん

    〈波佐見高校卒〉

    いつもの味を守るためには体調も重要
    上達への第一歩は、復習することから

     私が目指しているのは、すべてのお客様に完璧な料理をお出しすること。現在の担当は「煮方」です。自分の舌で味付けを判断していますので、体調管理にも注意しています。
     働き始めた当初、大切なことはメモし、改めて清書することを心がけました。そうした復習が成長につながったと感じています。近頃、外国人のお客様も増えていますので、今後の目標の一つはコミュニケーション能力を磨くことです。

ブログ

ブログでキャンパスライフやイベント情報を日々更新しています!

最新情報

    Copyright(C) kokucho All Rights Reserved.