学校案内

〉学校案内・建学の精神
・沿革
・設備

学 校 案 内

料理の楽しさを知り、あなたの夢を実現してください。

即戦力を養成するハイレベルなカリキュラム

 本校は昭和44年、名古屋市中区正木に創立した国際料理学院が母体となっています。以来、数多くの卒業生を、この業界に送り出してまいりました。
 昭和53年には、名古屋駅近くに国際調理師専門学校名駅校を設立し調理師科(昼間部・夜間部)に加え上級調理師科を設け、現在にいたっております。

建学の精神

 本学園の建学の精神である「清廉潔白」「社会奉仕」「報恩感謝」「礼儀愛老」「自由責任」を基に日々、「社会で通用する人物」をモットーに教育を実践しています。
 調理の技術や知識だけでなく、「豊かな人間性」も兼ね備えた、社会で活躍する人物を作り上げていきたいと考えております。

沿 革

本校の沿革
1969年 名古屋中区に工藤市兵衛はるゑ夫妻が本校の母体に国際料理学院を創立。
1974年 国際調理師専門学校に校名変更。
1978年 国際調理師専門学校名駅校(調理師科1年コース)を設立し、
従来の国際調理師専門学校を国際調理師専門学校金山校と改称。
1994年 国際調理師専門学校金山校を国際調理師専門学校名駅校に統合する。
1996年 調理師本科(現・上級調理師科2年コース)を設置。
2010年 新校舎完成。最新の実習施設・設備でプロの現場を体験できる環境となる。

設 備

卒業後すぐに活躍できるよう実習室には最新の設備と器具を取り揃えました。

現在、大規模なホテルやレストラン等で使われて、主流となっている真空調理器や温度とスチーム(水蒸気)の量を調整して行うスチームコンベクションを導入しています。調理器具の特徴を理解し扱い方を習得することで、卒業後プロの現場に即対応できるようにしております。

■ 実習室1

■ 実習室2

■ 学生ホール

■ 回転大釜

■ スチームコンベクション