講師紹介

〉講師紹介・マイスター
・実習講師

講 師 紹 介

本校の講師は、調理業界をリードする超一流の料理人たちばかり。
優れたプロを育てるという信念のもと、ハイレベルな授業を行います。

各分野の一流シェフから技術とセンスを吸収する。

谷岡 隆 先生

元 ヒルトン名古屋
総料理長

料理って面白いぞと語る学校の先輩に感化され料理の世界に入った。常に上を目指して修行した時代、料理人への道を目指した熱中時代、この時代に国際的料理コンクールで数多く入賞いたしました。そして、熟練時代にはその大半をヒルトン系列のホテルで働きました。中でもヒルトン名古屋ではヒルトンホテル初の日本人総料理長として23年間、頑張ってまいりました。メンバーとともに常にお客様に良い物を提供しかつ、従業員教育に力を注いでまいりました。未来の巨匠たちよ、夢をかなえる第一歩を本校で踏み出してください。

入口 修三 先生

[四条流包丁儀式保存会十六代家元]
・愛知県優秀技能者<愛知の名工>
・卓越技能章<現代の名工>
・全技連マイスター登録
・日本食普及の親善大使

日本料理の伝統の技と心を「和」でつなぐ様な目的として、日本料理基本の切り方から始まり、四季の味の基本と料理のもてなしまで、実習で楽しく、わかりやすく指導し、「プロ」への道に進む童貞を微力ながら育成してまいります。

杉山 福夫 先生

料亭 魚鉄
料理長

~未来のプロフェッショナルへ~
まずは、基本をしっかり学び身につけてください。日々の繰り返しで己の体に叩き込み、その先には高いレベルの技能・技術の習得に繋がります。また、現在の日本料理界では、さまざまなジャンルの食材、調味料、調理法が使われます。いつも高いアンテナを立て、柔軟に対応し、様々なニーズに応えなければなりません。それがプロフェッショナルです!!その第一歩をこの学校でともにスタートしよう。

服部 勇 先生

㈱コンチネンタルフーズ
ホテルオークラレストラン「桃花林」
副料理長

本校 調理師科昼間部卒

中国料理一色の毎日を過ごしています。しかし今の時代は料理界もボーダーレス化が進み、中華の王道だけでは飽きられてしまいます。そんな時役立つのは、この学校で様々な料理を学んだ経験。 今でも当時の実習ノートを開き、新メニューを考えることがあります。料理人は、まず料理を好きであることが大切です、そしてお客様に満足していただくことを意識し、楽しんで調理することを心がけましょう。皆さん、調理師は人を幸せにできる職業だと誇りを持ってください。

Copyright(C) kokucho All Rights Reserved.