Top Site map
〒451-0046 名古屋市西区牛島町5-20
TEL 052-562-1171 / FAX052-562-1173
kokucho@kudo.ac.jp

お気軽にお問合せください→

東洋学園グループ






サイト内移動
トップページ
学科案内

上級調理師科

調理師科

講師紹介

就職サポート
キャンパス周辺マップ
募集要項
体験入学お申し込み
資料請求・お問合せ
社会人の皆様へ
体験入学
体験入学日程表
AO入試
在校生のメッセージ
卒業生のメッセージ
ダブルライセンス

各分野の一流シェフから技術とセンスを吸収する。
本校の講師は、調理業界をリードする超一流の料理人たちばかり。
優れたプロを育てるという信念のもと、ハイレベルな授業を行います。  

     
谷岡 隆   杉山福夫
 元 ヒルトン名古屋
総料理長
   料亭 魚鉄
料理長


料理って面白いぞと語る学校の先輩に感化され料理の世界に入った。常に上を目指して修行した時代、料理人への道を目指した熱中時代、この時代に国際的料理コンクールで数多く入賞いたしました。そして、熟練時代にはその大半をヒルトン系列のホテルで働きました。中でもヒルトン名古屋ではヒルトンホテル初の日本人総料理長として23年間、頑張ってまいりました。メンバーとともに常にお客様に良い物を提供しかつ、従業員教育に力を注いでまいりました。未来の巨匠たちよ、夢をかなえる第一歩を本校で踏み出してください。
 
〜未来のプロフェッショナルへ〜
まずは、基本をしっかり学び身につけてください。日々の繰り返しで己の体に叩き込み、その先には高いレベルの技能・技術の習得に繋がります。また、現在の日本料理界では、さまざまなジャンルの食材、調味料、調理法が使われます。いつも高いアンテナを立て、柔軟に対応し、様々なニーズに応えなければなりません。それがプロフェッショナルです!!その第一歩をこの学校でともにスタートしよう。
     
     
  服部 勇   安江洋輔
   潟Rンチネンタルフーズ
ホテルオークラレストラン「桃花林」
副料理長

本校 調理師科昼間部卒・入社24年
    
 株式会社 Spice Gater 
代表取締役

本校 調理師科昼間部卒

中国料理一色の毎日を過ごしています。しかし今の時代は料理界もボーダーレス化が進み、中華の王道だけでは飽きられてしまいます。そんな時役立つのは、この学校で様々な料理を学んだ経験。 今でも当時の実習ノートを開き、新メニューを考えることがあります。料理人は、まず料理を好きであることが大切です、そしてお客様に満足していただくことを意識し、楽しんで調理することを心がけましょう。皆さん、調理師は人を幸せにできる職業だと誇りを持ってください。
 
国際調理師専門学校を卒業後キャッスルホテルに入社してから24年間、研鑽を重ねてまいりましたが、この度料理長の職を辞し、次のステップに進む事に致しました。料理を作る際は、「心をこめた料理を最愛の人に食べてもらう』という気持ちで挑んでいます。そのためには、日々の努力に手を抜いてはいけません。本校では、努力をすれば結果は必ず付いてくると教わりました。これから調理師を目指す皆さん、自分がどんな心構えで学校に通うべきかしっかり考え、学校でも普段の生活でも努力を惜しまず頑張ってください。

 プロの料理人を育てる。
       それが私のモットーです。

何より先に基本から。私はこれを一番大切にしています。
基本がしっかりしていれば、どこへ行っても通用するからです。
そこへ少しずつ応用を取り混ぜてアレンジしていき、
日本料理の神髄と素晴らしさを諭していきます。 
 【顧問】五味貞介
 [くつろぎどころ五峯庵 店主]
・南極地域観測隊専門委員
・第13・21南極越冬隊参加
・日本調理師連合会師範

 食の安全性が問題といわれています。
料理の専門家としての調理師の重要性が見直されている今、
料理技術の基礎、食品を見る確かな目を養うことが大切です。
また、女性の繊細な感覚とセンスを生かしたフードプロデューサーといった新しい職種に対する期待が、外食産業において高まってきました。
しっかりとした目的を持って、料理の勉強をしていきましょう。
【専門調理師 調理技術指導員】平山 益美 
[ラパン オーナーシェフ]
・平成22年度 厚生労働大臣表彰受賞

日本料理の伝統、技
 こころを継承していきたい。

日本料理の伝統の技と心を「和」でつなぐ様な目的として、日本料理基本の切り方から始まり、四季の味の基本と料理のもてなしまで、実習で楽しく、わかりやすく指導し、「プロ」への道に進む童貞を微力ながら育成してまいります。
【専門調理師 実習講師】入口 修三
[四条流包丁儀式保存会十六代家元]
・愛知県優秀技能者<愛知の名工>
・全技連マイスター登録


私は日本人だからこそ日本料理を極めたいと思い、この道を選びました。
日本料理は季節やその土地でとれた食材を使って献立を考え、盛付けるのが特徴で奥が深いです。お客様に満足していただける料理が提供できるよう日々研鑽しております。
料理人として、「美味しかった」とお褒めの言葉を頂いた時は嬉しく、この仕事の醍醐味を感じる時でもあります。皆さん、この学校で一生懸命に頑張って人に喜びを与えられる料理人を目指して下さい。
上村(かみむら)哲也(てつや) 名古屋なだ万.料理長
・2013年 愛知県優秀技能者表彰(あいちの名工)

中華料理は歴史があり、強い火力で瞬時に調理するのが特徴です。
また、食材をうまく活用しており、合理的な料理でもあります。
中華料理の調理法はいろいろと応用が利きますので、将来の為に学校で知識や技術をしっかりと学んで下さい。
浅野(あさの) 務(つとむ) 重慶飯店名古屋店

  
日本料理 西洋料理
服部信二
竃シ鉄グランドホテル
橋本尚宜
潟zテルプラザ勝川統括シェフ

TOPSite Map学科紹介講師紹介就職サポート 周辺マップAO入試募集要項お問合せ
Copyright(C) kokucho All Rights Reserved.